サポート事例2:Y事務所

サポート事例

【現在の状態】

  • 個人事務所(寝泊りするため私物が多い)

【家主の特徴】

  • もらい物が多い
  • モノを捨てない
  • めんどうくさがり(なんとなくモノを置く)

【主婦建築士による状況分析】

 お客様の傾向:モノが多い。捨てられない。
 部屋の状況 :必要なモノ・必要で無いモノが混在、空間が混乱している。

【今回の対策】

  • ご本人にとって必要ないモノをあぶりだし、認識してもらう。
  • 必要のないモノとして認識してもらったものを自ら捨てる。
  • 事務所という「お仕事する場所」ですので、「人を呼べる空間にする」ことが目標

【お片づけうんちく】

  • 片付けの基本は「明らかに必要の無いものを捨てること」「必要のあるものを出しやすいように収納すること」です。
  • 片付けの順序は「ものを収納から全て出して並べる」「明らかに必要ないもの(ゴミ・こわれているもの)を捨てる」「必要のあるものはカテゴリー分けする(文房具・手紙など)」「ダブッているものは捨てる」「使いやすいようにカテゴリー分けしたまま収納する」です。
  • 思い出の品や大切なものはムリにすてる必要なし。


1日目(午後から作業)

最初の状態

事務所前2
事務所前1

お仕事が忙しすぎるため、またモノが多すぎるため混沌としています。
「モノがあふれる=空間に対してモノが多すぎる」ですので
まずは収納の中からチェックしていくことにします。

Before

棚前

モノの地層が出来上がっています。
とりあえず中に押し込む、という習慣のようです。
さて、どんなお宝が出てくるのでしょうか?
中身を全て出して床に並べてみます。

片付け途中

棚整理前
棚途中
  • 床に全てのものを並べます。
  • まず「明らかに必要ないもの」を捨てます。
  • 次に「必要なモノを仲間分け」します。
  • 仲間分けした後「たくさんダブッているモノ」を捨てます。
  • 「ここになくても良いモノ」を使いやすい場所に移動します。

棚整理後

ここまでモノが減りました!!
この状態でやっと元の棚に戻します。
必要なモノだけ収納していくことができます。

After

棚後

こんなにスッキリしました!
実に半分以上は
「必要のないモノ」
「ここになくて良いモノ」でした。

まだこの棚には収納力がありますね!
この状態だと心に余裕もできます。


Before→After

シュレッド前
シュレッド後

お仕事柄、書類が多いお客様。しかも個人情報ですので全てシュレッダーしなければなりません。処分しなければならないものが目の前に常に積んであるのもストレスです。

今回がんばってシュレッダーかけました。スッキリ!!

本日の成果

ゴミ1

ゴミ袋13個分でました!この状態で放置してはいけません。
すぐにゴミ捨て場に持って行きます。
片付けは「燃えるゴミの日の前の日」にやると
すぐに捨てられて良いですね。


2日目(1日作業)

本日は強力なスタッフ二人を迎え、色々な場所を一気にやっつけることにしました。

Before

キッチン前
キッチン前2

たしかに生活の場とはいえ
事務所のキッチンとしてはモノが多すぎます。

ひとつひとつのモノを精査し
使いやすいキッチンにしていきましょう!!

途中経過

キッチン途中

・床に全てのものを並べます。
・まず「明らかに必要ないもの」を捨てます。
・次に「必要なモノを仲間分け」します。
・仲間分けした後「たくさんダブッているモノ」を捨てます。
・「ここになくても良いモノ」を使いやすい場所に移動します。


ホタテカン表
ホタテカン

おもしろいモノが出てきました。2013年現在、1992年賞味期限のホタテカン。

カニカン表
カニカン裏

続きましては
2013年現在、2004年賞味期限のカニカン。勇気を出して味見しましたが(!)金属の味でした(笑)

高級食材なのに、とっても残念ですね。。。

After

キッチン後
キッチン後2

モノが減ってスッキリとしました。

・良く使うモノはとりやすい高さに配置。
・重たくてあまり使わないものは足元に
・今後のストックのために収納には余裕をもって
・モノを捨ててできたスペースに客用食器を収納
・普段使いの食器は出したままで使いやすく。


Before→After

文具整理前
文具途中
文具整理後

打ち合わせ・作業スペースの横の文房具を置く場所。
何もかもを詰め込んでいたので「この場所で使うモノだけ」を選んで使いやすいように収納しました。
もちろん「あきらかに必要ないモノ」は捨て「ここに無くても良いモノ」は使いやすい場所に移動します。


Before→途中経過

棚前
棚途中

デスクの横にある「なんとなく棚が足りなくなったので足してみた棚」
こちらも色々なものが混在していたので、整理整頓しました。
クリアファイルが7年分溜まっていたので「あきらかに汚くて仕えないもの」を処分しました。

After

棚後

見た目は美しくなりましたが
時間が足りず、モノの精査は次回に持ち越しです。


Before→After

シュレッド前
シュレッド後

前回から処分しないといけない書類を
整理してくださっています。

せっせとシュレッドしていきます。
やっぱりモノがなくなると
気持ちもスッキリしますね!!


本日の成果

今日の成果

ゴミ袋7袋出ました!まだまだスッキリとしていきますよ!!


&size(20{3日目(午後から作業)};

本日は細かい部分に進出していきます。

Before→途中経過

下駄箱前
下駄箱途中

下駄箱を整理します。

なんとなく増え続けた靴と
「置き場のきまってないモノ(工具など)」を
なんとなく置く場所になっています。

After

下駄箱後
仲間は一緒に

・明らかに履かない靴を処分
・履けるけど足に合わなかった靴を処分

パンパンだった靴箱に余裕ができました。
工具や靴手入れグッズはカゴに入れて
使いやすい場所に配置しました。


Before→途中経過

ハコ前
ハコ途中1


ハコ途中2

なんとなくCDが突っ込まれているハコ。
このハコの中身を全部出してみます。

・あきらかに必要の無いものを処分
・ここに無くても良いモノを移動

モノを精査していくと
なんと半分以上が借り物だったと判明!!
お友達に速やかに返してもらうこととなりました。

After

ハコ後

なんと、あふれていたハコに残ったのは
たったこれだけ!!

本当にスッキリしました。

宿題

宿題



次回までに、この書類をシュレッダーにかけておくこと!!


4日目(半日作業)

ほぼ片付け作業は終了していますが、最後の一押し!です。
本日も強力なスタッフ一人を迎え、追い込んでいきます!

棚前
棚途中1

きれいにはなってきている
奥の棚ですが
最後のスリム化を図ります!!

棚の中身を全て出し
・明らかに必要のないもの
・ここに無くても良いもの
を撤去します。


棚途中2
棚途中4

整頓のコツは「見えるように収納すること」
いつでもぱっと取り出せることが大切です。
きれいに仲間分けして、棚に戻します。

After

棚後

元々棚にあった書籍も
きちんとカテゴリー分けして配置したり
横積みしていたものを見やすく配置したり。
こんなにスッキリした棚になりました。


本日の成果

本日の成果

まだまだゴミは出るんです。
そう、どんなにがんばっても毎日モノが
お部屋に流入してくるので当たり前。

必要ないモノが部屋から出て行っているので
スッキリしました。
もう家主以外が手を入れる必要がない
「片付いている」というに十分な状態です。


お披露目の日

今日は「お部屋が片付いたよ!パーティー」。片付いたお部屋のお披露目の日です。
最後の整頓として「文房具スペースを使いやすく」します。
もう捨てるモノはありません。本当に使うモノしかないので管理が楽です。

よく片付けというと収納グッズを先に買う方がいますが、間違いです。
今回のように捨てて捨てて捨てて捨てて今ある収納に格納していって
最後に「ここにこんな収納があると便利だな」というモノだけ購入します。

Before→After

文房具前
文房具途中
文房具後

無印良品のポリプロピレン引き出しを3段だけ購入しました。
空間を立体にすることにより、使いやすくなります。
さて、これでお片づけ完成!


片付け前のお部屋 → 完全片付け後のお部屋

事務所前1
すっきり

こんなに違うんです!!この後、スッキリ片付いたお部屋で
がんばった家主さんをねぎらう宴会が行われました☆


お客様の感想

事務所兼住居スペースを含む我が職場は、仕事関連の捨てられない資料が、整理されないまま適当に段ボール箱に放り込まれ、それが片隅に山積みされている状態でした。

来客を避け極力自分から出向くようにするも、やむを得ない事態には取りあえず空の段ボールにそこらへんに散らかるモノを詰め込む。それでなんとなく片付いてる感を出してお客さん対応してしのいで来ました。

でも根本的な片付けになっておらず部屋の中はドヨンとした空気が蔓延し、心のストレスがず~っとありました。

そんなときに、救世主「土肥さん」に会いました。会ってすぐお願いしようと思いはしたものの、でも今の状態で来てもらうとカッコ悪いから、ある程度小ましにしてからにしよう、と。しかし、片付けられない人は、片付けられないのです。と言うわけで決心して、ありのままの姿でお願いした次第です。

お片付けにあたって最初に聞かれたことは、普通に片付けたいのか、人を呼べる位に片付けたいのか、と。迷わず「人を呼べる位」と答えました。そしてお片付け教育開始。

土肥さんの審美眼はとても鋭く、効率良い収納方法、動きやすいレイアウトを提案してくれ、おまけに見た目の美しさも追求してくれます。私の仕事のペースに合わせて、ある日は終日、ある日は午後から、と柔軟に対応してもらえたことも助かりました。

私の場合、お片付け作業の中心は必要品、不要品の選り分けだったと思います。最初こそ時間かかりましたが、ポイポイし始めると気持ちも決心ついて案外と潔く処分できた気がします。自分一人でやっていると残すものも多かったと思うのですが、土肥さんというチェック機能があることで、厳しく正しくできたと思います。ポリ袋いったい何個分、身軽になったことでしょうか。

長期保存しすぎの期限切れ食品や、もらいものギフト券、これらは使わなければ意味無いです。一方で行方不明だったモノも出てきたりしたことは嬉しい発見でした。

お片付けして、良かったことを思いつくまま列挙してみると。

★「過ごしやすい」
沢山イイこと尽くしなのですが、一番良いことと言われると、過ごしやすくなったことでとても気分爽快です。片付けたことでモノの在りかが確定しました。能率もアップしました。仕事柄、地図やグラフデータの資料等、机いっぱいに広げるのですが、使ったものは元の位置に片付ける、要らないものはシュレッター、とその場その場で整理するようになりました。

★「運気上昇」
よく言われると思うのですが、私も実感しています。思いもかけないところから仕事が舞い込み、嬉しい悲鳴を上げてます。片付けることで何事にも前向きになり、良い方向に動き始めたと思うのです。ドヨンの空気は不要品とともに消え去り、たまにお花なんか飾っていたりします。抱えていたつかえが取れたことで気持に余裕ができました。

★「来客歓迎」
今までは急な来客に対しては、ちょっと待ってと5分10分待たせる始末で、申し訳ない・カッコ悪いことも多く、縁起でもないですが事故や事件に巻き込まれて家宅捜索の場面や救急で運ばれる等、他人が出入りするなんて事態になったらどうしよう!それを考えるとこの汚部屋のままでは死ねないと、変な気負いがありました。ですが、今は完璧とは言えずとも大まかにはスッキリしているので以前のようなことはありません。いつでもお客さんに来てもらえる環境って良いものだなと、当たり前のことでしょうが思うのです。

いつかまとまった時間で、今度の連休にやろうと思っていてもなかなか実践できないと思います。やり始めても途中で中断することが多かったし、片付け下手が自己流にやっても所詮やっつけ仕事に終わると自覚した私は、今回プロの手を借りて強制的に片付けできたこと、本当に良かったです。プロに頼むと早いです、それにすぐそばで我が事のように取り組んで指導してくれ、片付けが終了したらホームパーティしましょう!人を呼べるよ!と折につけ激励してくれる土肥さんがいたことで、やりきれたと思います。

思い切って捨てた分、何か買うにしても考えるようになりましたし、その都度片付けるという習慣もついてきた気がします。仕事が立て込んで散らかることもあるのですが、もう以前のようにリバウンドすることなく、リカバリーできるようになってきたことも、片付けしやすい収納レイアウトのおかげです。

この状態をずっと維持できるようにしたいと思います。
土肥さん、本当にありがとうございました!!

(S様より)


【所要時間・お片づけ費用】
お片づけした場所 : 個人事務所(約40㎡)
お片づけ所要時間 : 3時間×3日+5時間×1日=14時間
お片づけ費用 : 15,000円/3時間×4日+2,500円/30分×4=70,000円(交通費別途)
オプション:作業スタッフ1800円×のべ9時間=16,200円
片付け費用合計:86,200円


サポート整理収納(お片づけ)サポートお申し込みフォーム

下のフォームからお申し込み下さい。ご確認メールを3営業日以内に返信いたします。返信メールをお客様が確認した時点で予約完了になります

※フォーム送信後のキャンセルはこちらからの返信メールに「キャンセル希望」とご記入いただきご返信下さい。

お申し込み以外の「まずはメールで質問したい」という場合のお問い合わせはこちらからどうぞ。

  • は必須項目です。
  • SSL通信で保護されています。
  • 個人情報は返信にのみ使用いたします。
  • ご希望日をできれば第3希望までお選びください。(ご希望の日時に添えない場合もございます。ご了承ください。)