N邸リフォーム物語TOPに戻る

N邸リフォーム物語−第6話:金額調整1

家族会議の結果「月々の返済が10万円を越えるとツライので工事金額は設計料含めて300万〜400万円で抑えたい。」と決まりました。

金額を切り詰めて内容を絞っていく作業は、設計にとってもお客様にとっても一番苦しい作業です。

目標金額に向かって減らした内容

変更項目理由予想減額(税抜)
リビング〜書斎の間仕切変更なしやっぱり一部屋確保しておく。木工事減額のため△101,200-
各部屋に床下収納作成なし後からでも工事できる△102,500-
トイレ交換なし後からでも工事できる概算提出後に出たご要望 ±0
浴室・トイレ手摺なし後からでも工事できる△40,600-
書斎〜和室8帖建具交換なし後からでも作れるので今回は塗装して再利用△43,200-
台所の造作家具なし後からでも作れる。当面生活の様子を見る。△97,700-
洗面化粧台の吊戸なし後からでもつけられる△18,300-
下駄箱なし既製品を買った方が安いので△51,800-
玄関網戸なし鍵付の網戸折戸はスペースの関係で施工不可△51,500-
台所の抗酸化塗壁→一般的な塗装(OP)に変更ご提案として入れていたので通常仕様に変更△75,000-
各部屋の天井クロスを量産クロスに変更天井は白ノーマル柄にするので安いクロスでOK△28,840-
押入3ヶ所のクローゼット扉→背高障子に変更機能がほぼ同じで安い建具に変更△48,000-
子供部屋と書斎の畳→コルクタイルに変更工事費がほとんどかわらないなら畳よりコルクをご希望±0
以上の変更項目での減額△658,640

まだ目標金額には達してませんが、あとは概算ではない正式見積で、どのくらい金額が落ちてくるかを待ちます。

正式見積用の図面を12月5日に山田建設にメールしました。

piyo元の間取りはこちら
file工務店に実際提出した図面(平面図)はこちら※他に建具表や造作家具詳細図などを提出


 12月8日のメールより

土肥見積書(土肥)

こんにちは。寒くなってきましたね。正式見積書ですが、山田建設から明日にはなんとか間に合わせる、とは連絡ありました。正式な見積書を3日間で作るのは無茶なスケジュールではあるのですが。

(中略)

もし明日(10日)中にどうしても不動産屋さんにファックスしないと間に合わないのであれば明日(9日)の夜中にN家と私で電話しながら工事内容と金額を決めて(中略)明後日(11日)の早朝に山田建設にローン用の見積書を不動産屋さんにファックスしてもらう、という強行スケジュールになるけど、そちらは大丈夫ですか?

要はN家に工事内容を検討する時間がほとんとない、という事で、大きな内容を決めるのに急がされるというのは良い事が全然無いので、検討する時間を作るとすると、不動産屋さんは真剣にいつまでに見積書を流せばローン審査に間に合うんでしょうか?という事になります。

せめて週明け14日まで待って貰えるのなら、週末に家族会議ができるのですが・・・。

(中略)

一度、不動産屋さんにスケジュール確認してもらえますか?


 12月9日のメールより

N様RE:見積書(N様)

ありがとうございます。不動産会社に明日電話して
1.いつまで待てるか?
2.いくらまでならローンが下りるのか?

現在の状況を説明して急ぎすぎなのでもう少し考える時間を貰える様に話したいと思います。


 12月10日のメールより

N様RE:RE:見積書(N様)

不動産会社に電話したら、前に出した金額で審査を通してみる。見積内容を打合せして請負契約書と正式見積書を18日に提出して欲しいとの事でした。

話が二転三転しましたが少しは打合せ出来るので助かりました


土肥打ち合わせ(土肥)

お疲れ様です。とりあえず期間が伸びてよかった!

山田建設から昨日の夜に見積書がファックスで来ましたが、私の予想をかなり超えた税込341万でした。私の読みが甘かったのと、山田建設さんが現地を見た事で発生した内容もあり、広瀬さんも「がんばれなくてすいません」と、すごく謝っていました。

見積書の内容をチェックすると共にどこまで何を削ればベストか今日一日考えてます。

で、明日、N様の都合がよければ朝からお家の方で打ち合わせお願いします。ご都合いかがですか?


 12月10日のメールより

N様RE:打ち合わせ(N様)

340万ですか…パパと話し合って頑張れる金額を決めたいと思います。明日は幼稚園が昼までで雨じゃなければ夕方から長男だけサッカーに行きます。

私は予定なしなのでいつでもOKです。


 コメント

N様の努力で、見積もり提出締め切りが1週間伸び、なんとか打ち合わせの時間が確保できました。とはいえ、1週間の間に金額を詰め、N様と山田建設で仮とはいえ工事請負契約まで行わないといけません。

金額が思ったより下がらなかった理由は、予想以上に床と壁の下地が悪く、仕上がりに問題ないように下地の補修(ベニアを敷く等)していくと10万円ほどUPしてしまいました。また、こちらが予想してたほど建具の金額が下がらなかったことです。

目標金額に向けて、次の打ち合わせで内容を詰めてしまわないといけません。

ページのトップへ


第5話へ第7話へ