N邸リフォーム物語TOPに戻る

N邸リフォーム物語−第14話:工事開始から1週間

この施工編はN様しか見ることのできないリアルタイム現場ブログの日々の記録を整理して、N様ご了承の上で公開しています。

2010.03.08 Monday どんどん進んでますよ〜!

投稿:アースカラー設計土肥

本日3月8日は設備関係のけりだし(配管・配線)のチェックに行きました。

1週間前の3月1日は木工事の打合せと電気配線の打合せで現地に行きました。1週前の写真と本日の写真を並べて、進み具合を見てみましょう。

3.1
キッチン3月1日。まだ前の名残のままの状態。

3.8
キッチン3月8日。

もう組みつけられるまでに下地も配線・配管も仕上がってました。山田建設さんが薄いレンジフードを探して手配してくださったので以前のような「換気扇丸出し」のキッチンではなくなります。

3.1
3月1日洗面部分

玄関・水まわりの古いクッションフロアをきれいにめくってくれていました。「すごく大変だった・・・・。」そうです・・・・・。古いクッションフロアは糊が硬化していて、悲しいくらいはがれません。

3.8
3月8日の洗面まわり

洗面の間仕切りと建具枠が仕上がってました。

大工さん
今日はトイレの新しい扉枠をつける作業をしていました。

写真は丸山さん(弟)です。墨(新しい壁の位置決め)を出しています。大工さんが二人入ると、進むのも早いですね。

3.1
3月1日 書斎~和室の敷居を1本増やす部分の床

今まで畳に隠れてわかりませんでしたが、長い年月で床に5㎜強の段差ができていました。(大引が痛んでいるわけではありません)

3.8
3月8日 書斎~和室の敷居を1本増やす部分の床
きっちりと床の段差は修正されていました。


3.8

「この棒外したら、また段差ができるよ」と丸山さん(兄)。すごく苦労した様子でした。大工さんの苦労はこういった見えない部分の調整に注がれています。

その他、ベランダに出るサッシの下枠など、きしんでいた部分などを丁寧に補修してくれています。

***************************

ここから下は3月8日、今日の報告です。

3.8

今回は床仕上げがコルクタイルなので、以前の畳の厚み分、床上げをしています。コンパネ(頑丈な床板)を張る前に丁寧に掃除機で木くずやゴミを掃除している丸山さん(兄)。

実際このように几帳面にしてくださる大工さんは残念ながら世の中には少ないのが現状です。N家はきれいにきれいに仕上げてくれています。


3.8
建具の枠が仕上がったので、建具屋さんが採寸に来ました。
広瀬さんと建具屋さん、二人で測る測る!!!!

3.8
そして書き込む。

表具屋さんも夕方に採寸に来ます。

3.8

電気工事もほぼカンペキに配線を隠蔽(壁の中に隠す)にしてくれていました。(壁を壊さずに新たな線を隠していくので、手間がかかり運も必要で(笑)大変なのです)

先日の夕方、電気屋さんの藤元さんから「玄関の一部分とトイレだけどうしてもモール処理になります・・・・。」と悲しそうに連絡がありました。

条件が悪い中、壁を壊さずにここまで配線を隠してもらえるのはプロの目から見ても奇跡的なのですが(笑)。どの現場でも隠せない線が残ると、いつも夕方に悲しそうに電話があります。

***************************

以上、今日の現場報告でした。今週末から内装工事が始まります。あっというまですね!

明日は塗装の色目を決めに現在のN家におじゃましますので、よろしくお願いします。


ページのトップへ

第13話へ第15話へ