NT邸リフォーム物語TOPに戻る

NT邸リフォーム物語−第2話:色々解体中

この記録はNT様が自宅から現場を確認できるようにリアルタイム現場ブログを開設した時の日々の記録を整理して、NT様ご了承の上で公開しています。

2012.10.02 Tuesday 色々解体中

記録:アースカラー設計 土肥

本日も解体作業中です。

NT様のマンションは頑丈に造られたマンションのようで
(これはとっても良い事です)壊すのはなかなか大変な様子です。

まず、おそらくご心配されているであろうマッサージチェア。
マッサージチェア

今回あまり作業のない奥の和室に養生シートでぐるぐる巻きにして
安置されていますので、ご安心ください。

玄関横

玄関横の壁も、不自然なテレビ台に隠されていたガス冷暖房器も
きれいに撤去されています。

キッチン間仕切り

今回オープンになるキッチンと廊下の間仕切り解体中。

解体後

きれいに解体できました!広々しています。

トイレ

こちらはトイレの解体中。

トイレ終了

トイレ解体終了。なぜ背後の壁も解体しているかというと。

トイレ配管

計画前のトイレがあまりにも狭く、使いにくい事この上ない感じでしたので
配管の逆サイドにトイレを移動するのです。

トイレの移動。こんなこともできてしまうのです。
もちろん、どのマンションでもできるワケではありませんので
今回はとっても運が良かったです。

ロスナイ

電気屋さんがロスナイ(熱交換換気扇)を撤去しています。
大工さんは図面をチェック中です。

チェック後

ロスナイを撤去したら、このようになりました。
おそらく、マンション新築時から既に付いていたモノだと思います。
もちろん何かでふさぎます(何でふさぐかは考え中です)

ここで、建物の年代を感じる写真を2枚。

わら

キッチンにあった洗濯パンを解体した後の様子。

ワラが見えますね!!
これは昔の遮音材(マンションの下に足音が響かないようにする建材)です。

床暖

こちらは、ベランダ側の和室の床下。
ガスの床暖房が張り巡らされています。

当時の最先端の建材を使って造られたマンションなんですね!!
もちろんメンテナンスも良くされていますが
今現在も建物がしっかりしている事に納得です。

床柱

再利用される床柱。きれいに取り外しできました。

本日は大工さんは解体・木拾い(必要な材木を拾い出すこと)・設計との質疑
電気屋さんは解体・設計との質疑・仕込み1日目
設備屋さんは解体・給湯器の交換

現地に土肥と現場監督の広瀬さんも含めて
瞬間最大人数10人でわさわさしていました(笑)

明日は大工さんと設備屋さんで作業が進みます。

まだまだこれからお部屋がどんどん変化していきますので
楽しみにお待ちください。


ページのTOPへ

第1話へ第3話へ