日当たり失敗の致命傷プランはなぜできるのか。

【レトロ・アンティーク・間取り相談・大阪・滋賀・篠山・北摂・京都・関西の女性建築家(設計士)】

主婦で一級建築士の土肥です。

アースカラー設計のサイトをいつも読んでいただき、ありがとうございます!

サイトでどんなページが読まれているか、解析できるのですが、最近すごく昔のブログを読まれた方がいらっしゃったので「どの記事かな?」と確認すると、この記事でした。

日当たりの失敗は致命傷

当事務所の人気メニュー「間取りのセカンドオピニオン」をご利用されたお客様のノンフィクションです。

日当たり致命傷のプランがどうしてできるのか、そんな危機をどうやって脱したのか、そして、出来上がった家はどんな感じかまでリンクでつないでいます。

気になる方は、ぜひお読みください。

この記事を掘り起こして読まれた方のプラン、大丈夫かな?と心配になりました。なんとなく読まれたなら良いのですが。

日陰
こんな風に購入前の土地は冬至(日が一番短い日)に日陰の具合を確認して欲しいと思います。

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」



ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメント


認証コード7353

コメントは管理者の承認後に表示されます。