高さが上げ下げできるダイニングテーブル

【レトロ・アンティーク・間取り相談・大阪・滋賀・篠山・北摂・京都・関西の女性建築家(設計士)】

主婦で一級建築士の土肥です。

約9年前、あるお客様から言われた事がずーっと気になってました。

アースカラー設計は家具やインテリアのご相談も設計と一緒にお受けするのですが、その時に出された難題は「座って作業する時も、立って作業する時も、使いやすい高さのダイニングテーブルが欲しい!」でした。

通常座っている時に使いやすいテーブルの高さは約70㎝、立っている時は85㎝~90㎝。つまり15㎝~20㎝の誤差があるのです。油圧式のイスを使い(つまり、イスの高さを上げる)机の高さを高くするのは足が疲れるのがイヤだとことでダメでした。

当時の回答は「それは難しいですね。」でした。

人というのは「探さなきゃ」と脳に指令を出すと、ずーっと解決するまで出し続けるそうで、9年の歳月を経て見つけたのがこれだっ!!!


ダイニングテーブルとしては狭いのですが、そのお客様はご年配の親子2人暮らしだったので、これで良いかと思います。ダイニングテーブルとソファを置けないくらい狭いLDにもオススメです。

よく見る高さを変えられるテーブルは、天板を外して、脚を組み替える方式ですが、それだとご年配のお客様は気軽に上げ下げできませんので、油圧式でスッと高さを変えられるモノが良いと思います。

家具の大きさ、高さ、材質は住環境の中でとても大切です。こだわりの強い方はインテリアまできちんと提案してくれる家づくりのパートナーを選びましょうね!!

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」



ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメント


認証コード2552

コメントは管理者の承認後に表示されます。