実家の増築部分が手抜き欠陥工事だった件

【レトロ・アンティーク・間取り相談・大阪・滋賀・篠山・北摂・京都・関西の女性建築家(設計士)】

主婦で一級建築士の土肥です。

現在、構造体は戦前のモノで約40年前にリフォームした福岡の実家をリフォームしております。

40年前に葺いた瓦棒(金属屋根)部分の雨漏りがひどかったので、葺き替えをお願いしました。

増築部
増築部の上の瓦棒葺き部分です。

初見での雨漏りの原因は「①勾配が取れていない(瓦棒なら1.5寸以上は取ろうね)」「②屋根材の外壁立ち上がりが確保できていない(下の部屋の天井高を取りたかったので、大屋根と下屋の間に手が差し込めなかった様子)」「③単純に経年劣化」でした。

いざ、工事を進めると、なんと、防水層「アスファルトルーフィング」が無く、野地板(屋根の下地)の上にすぐ金属板でした!

屋根1
意外と野地板(屋根の下地)はキレイですね。大屋根と下屋の隙間がこれだけしか無いとは、致命傷です。

総合的に見てみると、「①勾配が取れていない(瓦棒なら1.5寸以上は取ろうね)」「②屋根材の外壁立ち上がりが確保できていない(下の部屋の天井高を取りたかったので、大屋根と下屋の間に手が差し込めなかった様子)」が今回の雨漏りの大きな原因だと考えられます。

根本的に解決するには「増築部分の軒高を下げ、屋根を組みなおす」という、かなり大掛かりな工事になってきます。今回は予算が許しませんでしたので、葺き替えのみになりますが、また40年後に同じことを繰り返すことになります。くー!!!!!

一級建築士の実家の一部が欠陥住宅で手抜き工事(笑)何とも言えない。。。

実家は以前は税理士事務所だったのですが、その仕事先に工事を依頼していて、ことごとく手抜きされた様子です。家の中を見ると、「え!?」というような部分がけっこうあります。そういえば関西の知り合いの税理士さんの新しい事務所も仕事先に工事を依頼して、どうみても手抜きな工事されてましたね。

工事というのは「どこに頼んで良いのかわからない」ので「付き合いで仕事先に」や「親戚や昔の友人で今工事やっている人」にお願いすることが多い様子ですが、高い確率で「手抜き」や「過剰設備を売りつけられる」ことも多いです。

正常な考えであれば「ご紹介なんだから、知り合いなんだから、しっかり仕事しなきゃ!」と思うのが普通ですが、建設業界というのは、いまだに黒い部分が多く、体質的に変わってません。

しっかりと業者を自分の目で選び、失敗のないように家づくりを進めてください。

福岡県北九州市の新築・リフォームなら株式会社ダイトホームさんがオススメです。丁寧・親切です。

実家のリフォームが終わったら、アースカラー設計・福岡支店を開設します。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」



ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメント


認証コード3115

コメントは管理者の承認後に表示されます。