朝顔のグリーンカーテン

【レトロ・アンティーク・間取り相談・大阪・滋賀・篠山・北摂・京都・関西の女性建築家(設計士)】

ママで一級建築士の山本です!

毎年暑い群馬県、しかし今年の夏は酷暑。
そして南側に建物のない我が家の南面の部屋は、庇で直射日光が遮られてもやはり暑い!
というわけで、今年は南面に朝顔のグリーンカーテンを。
あさがお

とは言えこの朝顔、去年は西日に耐えかねて少しでも暑さをしのげたらと思い、子供達が学校でもらってきた朝顔の種を試しに蒔いたものの
西日のあたる時間だけでは日光がたりなかったためか、思ったほど成長せず、日差しを遮らず・・・。

今年は諦めてプランターを放置していたら、勝手に目を出し、成長し始め・・。そしてまた子供が学校から朝顔をもって帰り、今年も頑張りなさいと言わんばかり。

7月中旬辺りからグングン伸び始め、2週間もすれば掃き出し窓全面を覆うように。
ゴーヤのグリーンカーテンほど葉っぱが青々として日差しを遮る!とまではいかないものの、
庇のある我が家ではグリーンカーテンとしてはまずまずの効果。子供の夏休みの宿題・朝顔の観察記録にも活躍。

今年の反省としては、グリーンカーテンに使うネットをキュウリを育てるときに使っていたものが余っていたのでケチケチ母ちゃんはそれを使用。
しかし、少しメッシュが荒かったようで。朝顔はツルがグングン伸びる割に葉の大きさがそれほど大きくない場合があるので、朝顔のときはメッシュ間隔が10㎝程度のものが良さそう。

朝顔のグリーンカーテン、育て方のポイントはこちらにも。
今年の夏は朝顔でグリーンカーテン!育て方のコツとポイント
来年のご参考に☆

そして秋の空になってきた今日この頃。学校が始まりそちらに気をとられていたらなんとなく朝顔の緑が減っているような。
もう、朝顔の時期も終わりか―とぐらいに思っていたらふくよかな、はらぺこアオムシ発見!美味しく召し上がっていただいたようで。

まだ少し暑さが残りそうな毎日。しかし、我が家のグリーンカーテンはこれにて終了・・・。自然は強い!

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」



ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメント


認証コード8112

コメントは管理者の承認後に表示されます。