パントリー

【レトロ・アンティーク・間取り相談・大阪・滋賀・篠山・北摂・京都・関西の女性建築家(設計士)】

ママで一級建築士の山本です!

お天気のいい日曜日の今日は近くであった「産業祭」なるものにくりだし。
野菜や果物の販売、屋台が出ていたり体験コーナーなどちょっと規模の大きなお祭り。
母ちゃんのお目当ては「野菜」!新鮮な野菜がスーパーなどより安く販売されており買わずにはいられない。
野菜

料理がそんなに得意ではない母ちゃんが必死で作っても作ってもなくなるご飯たち。うれしい限り・・涙。
しかし買い物には何度も行きたくないため、行くとなればまとめ買い派というよりも爆買い。
当然、冷蔵庫には入りきらず段ボールでストック。キッチンの広い賃貸、ありがたい。

我が家のように爆買いとまではいかなくてもお米や水などストックのあるご家庭もおおいのでは。
そんな時に活躍するのがパントリー。ある程度スペースを確保する場合や収納棚として設けたり。
我が家のビールやお米、水のストック達もパントリーがあればスッキリするだろうに。
ただし、パントリーがあればなんでもスッキリするわけでもなく。
どんなものをどのくらい収納したいか、ある程度想像してご計画を!ストックが多い方なのでとスペースを確保しても広すぎて結局どれだけストックがあるのか把握しきれず使いきれず・・・なんてことも。

パントリーについての特集がこちらに↓
キッチンに欲しいもの、それは「パントリー」!皆さんの素敵な収納術とDIYアイディア集

たまにしか使わない家電も一緒に収納したい!なんて場合は棚の奥行にも注意して計画すれば
キッチンの周囲が家電であふれてごちゃごちゃすることもなく。

パントリーを上手に使ってスッキリしたキッチンを☆

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」



ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメント


認証コード8547

コメントは管理者の承認後に表示されます。