コスメ収納

【レトロ・アンティーク・間取り相談・大阪・滋賀・篠山・北摂・京都・関西の女性建築家(設計士)】

ママで一級建築士の山本です!
どうなるかと思った10連休も怒涛の毎日。終わってみればあっという間・・。
気温は上がったり、下がったり、だんだんと日差しが強くなり母ちゃんの紫外線対策にも気合が入り。

子供達も少し手が離れ、落ち着いて出かける準備ができるようになったものの、以前と変わらず立ったまま化粧する毎日。
リビングにある引き出しの一部に化粧品を集め収納。しかし、それほど化粧品を持っていない母ちゃんでもすぐにごちゃごちゃっと。
そろそろ落ち着いて準備をと思いながらなかなかリズムは変わらず。

家の計画を行う際に洗面所の場所の計画はなかなか忘れることはないけれど、
化粧をどこでするかというところまではなかなか気が回らない(手が回らない)こともあるのでは。
化粧

人によってどこで化粧するかというのも色々あるようで。
場所によって具体的な収納例の特集はこちら↓
コスメの収納は“見やすく・美しく”。便利グッズを活用した化粧品収納アイデア

洗面所で化粧をという場合は洗面化粧台の鏡を3面鏡にすると便利!座って化粧したい場合は洗面所のスペースを少し広めに。
洋服のコーディネートと合わせるなど寝室でという方は、化粧台などのスペースをとるなど計画段階からスペースの確保をお忘れなく。
リビングでという方はどこに化粧品を収納するのかの計画をお忘れなく。メイクボックスを使う場合もリビングにデーンとならないようにご注意を。

コスメの収納方法をしっかり計画して毎日のお出かけ準備を快適に☆

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」



ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメント


認証コード0146

コメントは管理者の承認後に表示されます。