自分に合ったキッチンとは(1)

キッチン。

 

女の城(とおもっているのは私だけ???)。

 

数回に分けて自分に合ったキッチンを考えてみましょう。

 

わかりやすくするために

 

主婦建築士(現役実務者)の土肥に合ったキッチンを考えていきます。

 

皆さんも自分に合うキッチンを一緒に考えてみてください。使う方の性格によってキッチンの形も変わります。

 

こんな風に順番に考えていきます。

 

①私の性格は
「めんどうくさがりだがきちんとやりたい。」つまり、完全機能合理主義。
「かっこいいなら不便でもがまんする」なんて気持ちは全然ありません。でも、何でも良いわけでも、当然ありませんよ!

 

②収納の方向性は
「見せるところは見せる、隠すところは隠す。」
「持ち物は少ない方」

 

③デザインの方向性は
「ナチュラル+シンプル」

 

新築の方やキッチンをリフォームしようと思っている方は、同様に上記の3点を考えてください。

 

考え方や行動パターンによって選ぶシステムキッチンのメーカーも決まってきます。

 

特に新築の方は何も考えずに高い設備を決めてしまいがちなので、「自分には何が必要か、必要でないか」をよ~く勉強して考えて下さい。

 

何も考えずに全てをハイグレードにすると予算に影響してきます¥

 

何も考えずに「一番安いので良い」とすると、高い買い物なのに、後で「ああっ!!!使いにくい!!!」となります。これは本当に後の祭りです。まさにアフターフィスティバルカゼ

 

次回は私だったら、キッチンまわりはこうする!という内容をくどくど書きますね。(なんという企画だ・・・)

 

 

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

 

お問合せ・無料相談はこちらから

 

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA