キッチン前カウンターと収納術

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

ママで一級建築士の山本です。

 

新学期が始まり、ようやく少しずつ毎日の生活にもリズムが。そしてそんな我が家で始まるのが家庭訪問。幼稚園と小学校、計2回。

 

先生たちもそんなに気にしないだろうとは思いながらもそれでも一応はお片づけ。

 

対面キッチンの我が家。テーブルと椅子がキッチンの前にキッチンと平行に横長に置いてあり、普段の使い勝手からキッチン側に自分の使う椅子、反対側にお客様が座る椅子が。そうなるとお客様が座るとキッチン&キッチン後ろの家電棚などが丸見え!

 

普段、自分が見る視界と異なり、ある意味「こんな風に見えていたのか!」と新鮮。

 

しかし、残念なことにまな板が丸見え!我が家のキッチン前カウンターの高さは95センチ。キッチンのカウンターの高さが標準サイズの85㎝なのでその差10㎝。すると洗剤だのまな板だの見えなくてもいいものがひょっこり見え・・・。

 

カウンター

 

見られても平気!なキッチン周りの収納術の特集はこちら↓

省スペースでキッチンすっきり♪小さなコツがあれば誰でも出来る"賢い収納術" | キナリノ

 

何気ないキッチン前のカウンターですがカウンターをつけるのか、棚にするのか収納をつけるのか何もつけずにアイランド型キッチンにするのか。

 

そして、我が家のように高さ一つで見えなくていいものが見えたりなかなか重要。収納術と合わせてキッチン前カウンターについてもよくご検討を!

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA