調査・企画業務委託契約(着手時)

ご相談(無料)の後、具体的なプランニングを始める時、調査・企画業務契約を締結し、着手金として以下の金額をご負担ください。

 

 

【ファーストプラン作成費用】
住宅新築(木造):110,000円(税込)
リフォーム・店舗改装:88,000円(税込)
※FPによるライフプラン作成含む

 

ファーストプランのプレゼンテーション後、建築士との相性や価値観が合いそうでしたら、仕事を進めます(本契約)。そのとき、着手金は本契約の設計監理料の中に充当されます。

 

 

 

ファーストプランの具体的内容はこちら
詳しくはご相談の流れをご参照下さい
s_image853

住宅リフォーム(増築)店舗改装の設計監理料(本契約時)

 

 

2020.11.1現在

 

  • 住宅リフォームの設計監理に当り下記の比率を基準としています。
  • 総工事費には工事が必要となる支給品・追加工事の費用も含みます。
総工事費(税込) 設計料率
100万未満 20.0%
最低金額88,000円(税込)
100万〜500万円未満 17.0%
500万〜1000万円未満 15.0%
1000万〜1750万円未満 13.0%
1750万〜2000万円未満 12.0%
2000万〜5000万円未満 10.0%
5000万〜 9.0%

 

 

(別途項目)

  • 耐震診断・地盤調査・測量・真北測定
  • RC造・S造の構造計算
  • 消防や宅造法や砂防法などの特殊な諸官庁申請
  • 増改築等証明書などの書類発行
  • 契約時の印紙代
  • 確認申請料・その他公納金

 

  • 確認申請代行業務費用
  • 営業エリア(大阪府・兵庫県(明石市以東・篠山市以南)・京都府(京都市以南)・滋賀県(草津市以南)・奈良県(奈良市以北))以外の交通費

 

 

住宅新築の設計監理料(本契約時)

 

【フルオーダー(材料もメーカーも設計も自由自在)】
木造在来工法の場合(外構設計・インテリア相談・収納相談 含む)

 

述べ床面積80㎡以下:30,000円/㎡(税別)
述べ床面積80㎡以上:24,000円/㎡(税別)

 

  • 最低設計監理料は1,500,000円(税別)
  • 完全二世帯住宅(玄関別・同じ問わず)の場合は設計監理料が1.5倍となります。
  • 木造3階建てや混構造・地下車庫・地下室がある場合の構造計算料
  • 地盤調査・測量・真北測定
  • 特殊な諸官庁申請や長期優良住宅やフラット35等の申請業務費用
  • 契約時の印紙代・その他公納金
  • 営業エリア(滋賀県(彦根市以南・志賀町以南)・京都府(京都市以南)・大阪府(大阪市以北)兵庫県(宝塚市以南・神戸市以東))・奈良県(奈良市以北)以外の交通費

 

  • 確認申請代行料280,000円(税別)(公納金約8万3千円含)
  • 木造3階建てや混構造・地下車庫・地下室がある場合の構造計算料
  • 日本庭園・ロックガーデン・ブリティッシュガーデンなど特殊な外構の場合
  • 地盤調査・測量・真北測定
  • 消防や宅造法や砂防法などの特殊な諸官庁申請
  • 長期優良住宅やフラット35等の申請業務費用
  • 契約時の印紙代・その他公納金
  • 営業エリア(滋賀県(彦根市以南・志賀町以南)・京都府(京都市以南)・奈良県(奈良市以北)・大阪府(大阪市以北)・兵庫県(宝塚市以南・神戸市以東))以外の交通費

 

 

お支払条件

 

 

第1回 ファーストプラン金額 着手(調査企画業務委託契約)時
第2回 設計監理料の30%
−第1回お支払金額
本契約時
第3回 設計監理料の40% 実施設計完了時(着工前)
第4回 設計監理料の10% 上棟時(リフォームでは木工事終了時)
第5回 設計監理料の20% 竣工引渡し時

 

 

  • 第1回お支払金額は第2回のお支払金額から差し引かれます。
  • 第2〜3回目までは予定工事内容にて計算致します。
  • 第4回目より工事契約内容にて精算します。
  • 第5回目は追加変更分を加算して計算いたします。

 

 

 

新築で設計監理料・本体工事以外でかかる金額

 

  • おおよその目安としてご参照ください。
  • アースカラー設計では本体工事費に外構も含みます。

 

項目 金額 説明
解体費 35,000~50,000円/坪 既存建物がある場合に発生する
敷地調査費 100,000~150,000円 正式な測量図がない場合に発生する
地盤調査費 50,000~150,000円 SS試験・ボーリングなど検査の種類によって異なる
地盤補強工事費 400,000~1,500,000円 地盤調査の結果次第で要否が変わる
引越し
仮住まい費用
- 工期が長いと金額も上がる
建築確認申請料 250,000円(税別) アースカラー設計での設定金額
(公納金+代行手数料)
契約印紙代 約17,000円 契約書類に貼付される印紙代。設計料や工事請負金額によって変わる
ローン契約に
伴う費用
400,000円~ 生命保険料など借入金によって変わる
地鎮祭費用 45,000円 地域の神主にお願いをする。神主の謝礼は30,000円が目安で、ほかに供物代や車代がかかる
近隣挨拶 1,000円×隣家数 1件1,000円前後を目安にお菓子やタオルなどを用意
上棟式費用 100,000円以内 職人には5,000円の祝儀。建築主の意向で行わないことも多い
電柱移動費 80,000~100,000円 どうしても動かしたい道路標識や電柱の移動にかかる費用
水道負担金 200,000~250,000円 既存建物がある場合には発生しない
光ファイバー通信等
導入費
数万円 光ファイバー通信がある地域かを確認し、あれば問い合わせる
水道、電気などの
引込み費用
0~1,000,000円 本管からの取出し費用。既存で同じ取出し位置であれば発生しない
カーテン代 200,000円~ グレードの差が大きい
照明器具 250,000円~ 施主支給がオススメ
追加・変更
工事費
- 工事中に必要が生じた場合、建築主から金額変更の了承を必ずとる
引越し費用 300,000円を目安に 移動先が近くても意外と費用がかかる。見積りをあらかじめとること
造園工事費
(木や花を植える)
400,000~500,000円 グレードによる金額差が大きいため、打ち合わせ内容をもとに概算見積りをする
火災保険 60,000円/3年 ローンの借入年数に応じる
登記費用 200,000円 表示登記は100,000円前後
不動産関係の登記費用
(減失登記・建物表示登記・所有権保存登記・抵当権設定登記等)
地震保険 - 構造や地域によって金額差が大きいため、保険会社に確認する
不動産取得税 評価次第 新築1年以内にかかる。軽減措置があるので内容を税務署で確認
固定資産税
(毎年かかる)
- 毎年1月1日時点の所有者に課税
都市計画税
(毎年かかる)
- 毎年1月1日時点の所有者に課税

 

 

 

 

だいたい250~300万円くらいは本体工事以外に必要という事になります。