お問い合わせの前に

設計事務所とは?をお読み下さい。設計事務所と施工会社の違いを理解してから、お問い合わせ下さい。

まずはメールでお問い合わせ

  • ご相談はまずE-mailでお問合せ下さい。
  • TELでのご相談をご希望の方は事前にお問合せフォームよりご相談日時をご予約下さい。

dn

無料相談でお話しましょう

人の相性は会わないとわかりませんので、納得いくまでお話しましょう。無料相談後に「家づくり計画を具体的に進める」とご判断されましたら、「調査企画業務委託契約(ファーストプラン作成(有料))に進みます。

ご注意

土地をご購入されて新築を建てる場合、住宅ローンを組む時に銀行に「設計図書(具体的な家の図面)」の提出が必要です。「依頼先選び」に時間がかかると、せっかく見つけた条件の良い土地を他の方に買われてしまいかねません。

土地を探しはじめる前か同時に無料相談をご利用ください。

dn

着手(調査企画業務委託契約)(お客様とアースカラー設計の2者)

家づくり計画を具体的に進める事になれば、調査・企画業務契約を締結し、着手金として以下の金額をご負担ください。

ファーストプラン作成費用
住宅新築(木造):100,000円(税別)
リフォーム:80,000円(税別)

この時点で、中立な立場のファイナンシャルプランナーによるライフプランニングを受けていただきます(無料)。「銀行で借りられる金額」ではなく、あなたとご家族の将来のためのライフプランをつくり、家づくりの予算を決めることが重要です。

ファーストプラン作成費用はお返しいたしませんのでご注意下さい。ファーストプラン作成費用は本契約の設計監理料の中に充当されます


dn

現地調査~ファーストプラン完成

着手後、まずは現地の調査・法律の調査・採寸等を行います。お客様のご要望と現地調査の結果に基づき、ファーストプランを作成します。

『プレゼンテーション後』本契約へ進むかご判断下さい。

着手金(ファーストプラン作成費用)はお返しいたしませんのでご注意下さい。本契約を交わさない場合はお客様がこのプランを使用する事はできません。 また、プランについて当方が関知しない状況で使用したことによるいかなる結果に対しても一切の責任は負いません。

dn

本契約(設計監理業務委託契約)(お客様とアースカラー設計の2者)

このまま家づくり計画を進めるのであれば、本契約を結びます。設計監理料は住宅新築・リフォームによって異なります。詳しくは設計監理料をご覧下さい。(着手金は本契約の設計監理料の中に充当されます)

本契約後

本契約後はファーストプランに基づき、全体の仕上げの詳細・設備の仕様・コンセントの位置・照明計画・コスト計画など、お客様にもわかりやすいように表現しながら設計を進めていきます。

dn

実施設計完了・工事請負契約(お客様と施工会社との2者)

実施設計を終えると、施工会社に見積を依頼します。施工会社は腕の良い工務店をご紹介することもできます。新築なら約1ヶ月、リフォームなら2~3週間で詳細見積書があがってきます。

見積書の内容をお客様といっしょにチェックしていきます。仕様・金額共に納得していただけたら、施工者と工事請負契約を結んで頂きます。

dn

工事着手・設計監理

工事着手後、新築なら工程により週1〜2回、リフォームなら全工程で5〜6回の設計監理を行います。また必要に応じて、現場にて施工者・お客様との更に詳細な打合わせを行います。

設計図通りに工事が進んでいるかをチェックするのはもちろん、構造、配管、断熱など仕上がってからでは分かりにくくなる部分を重点的に監理します。

dn

工事完了検査・完成・お引渡し

仕上がり・設備・建材の状態などを検査します。また、検査に伴う手直しの後、お客様に確認をしていただきます。

その後、アースカラー設計より竣工図・施工各業者より設備などの取り扱い説明及び保証書等をお渡しして、物件お引渡しとなります。この時点で設計業務は終了ですが、その後も長いおつきあいをさせていただきます。