洗濯機

【レトロ・アンティーク・間取り相談・大阪・滋賀・篠山・北摂・京都・関西の女性建築家(設計士)】

ママで一級建築士の山本です。

梅雨入り・・・そんな単語が天気予報でチラホラと出るように。週間天気予報にも傘マークが続きいよいよかと洗濯好きの母ちゃんも
一時休戦かと思っていたら、なんと群馬梅雨入りを前に我が家に新しい洗濯機が!!

我が家で使用していた洗濯機(こちらも頂き物)は間もなく製造から10年を迎えようとしていた矢先、なんと製造から1年・ほぼ新品の洗濯機をもらえることに。ありがたや、ありがたや。物は買えない我が家。

しかも以前は容量5キロだったのが今回は7キロにサイズアップ!もうこれは洗濯するしかないと以前にもましてガンガン洗濯。

何をそんなに洗うのかと思うほどどんどんでてくる洗濯物。梅雨入りを前に毛布やオシャレ着をスッキリさせたいと回り続ける洗濯機。

容量5キロでは毛布は洗ったことにならないのではないかという状態でコインランドリーに行くか悩んでいた矢先、待っててよかった洗濯機。7キロだとスッキリ!

しかし容量が大きくなった分、洗濯機の大きさも若干サイズアップ。我が家では何の問題もなく設置可能。
しかし以前、マンション住まいのお友達が10キロの洗濯機を買おうと思ったら自宅の洗濯機用の水栓の高さが低く、10キロが設置できなかったと。

洗濯機

メーカーによって異なりますが7キロと10キロでは高さに6~7センチの違いが。大きめの洗濯機を購入予定の方は事前にチェックを!

梅雨入りを前に洗濯を済ませ、模様替えも済んでお部屋スッキリ☆

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」



ブログランキングにご協力お願いします
biogmura

コメント


認証コード3198

コメントは管理者の承認後に表示されます。