太陽光発電を導入するかどうか

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

3Dマイホームデザイナーを発売しているメガソフトさん運営の、いえづくり情報WEBマガジン「イエマガ」で紹介されている「太陽光発電のある家」という記事。

 

結構わかりやすいので、是非、読んでください。

 

今回は太陽光発電初期投資に対して、イニシアルコストと何年後にペイできるかを比較しています。

 

わかりやすく書いてくれてはいるのですが、やっぱり、ややこしい・・・・。

 

そういえば、以前の日経ホームビルダーでも特集していましたが、分析項目によって、おすすめメーカーがやっぱり変わってしまいます。

 

私としては太陽光発電という設備は「電気が売れるしエコだからに太陽光発電」というよりも。

 

「化石燃料からの脱却」をかかげて何年でペイできるかは眼中にいれずに、ボランティア精神で導入するほうが健康的」だと思っています。

 

エネファームもそんな感じですよね。

 

家づくりはどうしても大きなお金が一気にかかってきますので、その中から太陽光発電の設備投資の300万円を捻出するのはやっぱり大変だと思います。

 

どういう目的で太陽光発電を導入したいのか、よくよく考えて予算に組み込んでいってください。

 

太陽光発電もエコキュートと同じで、約10年ごとに高い部品の交換という儀式があるので(約15万程度)その辺も考慮しないといけません。

 

おもちゃを手に入れる感覚で「オレは太陽光発電がほしいんだ!!!」とおっしゃる方がいらっしゃいますが(特に男性)、そういう方は、まずはIHクッキングヒーターでガマンしてください。

 

意外なようですが、メカモノのIHクッキングヒーターは男性の方がお好きです。ご年配のお父さんも喜んで使っていたりします。

 

男性は電車や時計に始まり、一生メカが好きなのかもね、といつも、ほほえましく見させていただいておりますドキドキ

 

ちなみに私は、設備も家電も電車も大好きです。一応、女性なんですけどねにひひ

 

なので気持ちはとっても良くわかりますよ・・・。

 

太陽光発電を導入するかどうか、まずは十分検討してから、メーカーを数社を見積もり比較するのが良いと思います。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA