今日のダンシャリ:ベランダ

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

さて、今日はずっと気になっていたベランダの片付けをしました。

 

10年前に住んでいた社宅はベランダがとっても広くて、当時からクーラーの無かった我が家では、夏の夜はベランダのベンチに座って夕涼みするのが習慣でした。

 

3年が経ち、その社宅は立地が良いため、売り飛ばされベランダの小さな社宅に引っ越すことになりました。

 

その時に捨てればよかったのですが、そのままベンチは狭いべランダに持ち込まれ、狭いベランダで夕涼みをすることもなく、ただの植木置き場と化していきました。

 

それから2年後、滋賀県大津市に引っ越してきましたが、今度のベランダは幅は同じでも奥行きが狭く、植木置きとして利用されている旧ベンチがあるために洗濯物が干しにくくて、かなわない、という状態が続いていました。

 

だって、ベンチなんて捨てるの大変ですから叫び

 

しかし、今日は一念発起!

まずはベンチをばらします。思っていたより簡単にばれました。こんなことなら早くバラせばよかった・・・。

 

次に必要ない植木鉢と受け皿のチェック。お皿を2枚捨てました。

 

ベンチがなくなると、その下は土やホコリや枯葉やセミの死骸ガーンがあったのでブラシでこすり、水を流し、とってもきれいになりました。

 

「どうぞみてください!」というくらいの清浄なベランダ。ドラセナやローズマリーの鉢もグリーンとして見栄えしています。心もすっきりですアップ

 

なんてったって、洗濯物が干しやすい~音譜

 

そんなちょっとした幸せもうれしいものです。

 

【今日のダンシャリ】
捨てたもの:ベンチ(木製・W500×L1000×H400)、植木鉢受皿2枚
かかった時間:モノを処分で15分、そうじで1時間。計1時間15分
よかったこと:洗濯物が干しやすくなった。ベランダが清潔になった。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA