ベランダの断捨離完了!

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

約1ヶ月半前にベランダの断捨離の記事を書きました。

 

やましたセンセいはく

 

「家の敷地から出さないとダンシャリは完了しない」

 

目の前から見えなくなっだけで、満足してはいけないという教えです。

 

さて、ベランダからバラされて、端っこに片付けられたベンチですが、大型ゴミで処分してもらわないといけません。

 

大型ゴミで処分すると300円かかります。

 

最近、我が家で流行り(?)なのが「がっちりアカデミー」の節約生活。

 

特にTVでも有名な経済アナリストの森永センセのケチケチが庶民的で好きです。

 

小さなムダを省いて自分が価値があると思う部分にはガンとお金をかけるという、とっても合理的な考え方なので、共感するのです。

 

森永センセ流でいくと

 

「大型ゴミは自分で持ち込むとトク」

 

ということ。

 

調べて見ると、大津市は50㎏までは自分で持ち込むとタダなのです。滋賀は田舎なので、比較的近くにクリーンセンターがあります。

 

そんなわけで「初めての大型ゴミ持込」をやってみましたニコニコ

 

まずは事前に市役所の支所で「ゴミ持込許可」をもらいます。何を持ち込むのか・持ち込む日時・持ち込む車のナンバーを書類に書き込み、15分ほどで許可が下ります。

 

そして、書類の通りの日時にクリーンセンターに持ち込みます。クリーンセンターは土曜日も9:00~正午まで受け付けていますので、平日動けない方々でもチャレンジできますよ。

 

幸い、我が家から市役所の支所は徒歩3分のところにあり、手続きはとっても便利です。支所が遠い方はこの書類提出だけでもめんどうくさいですね。

 

初めての事はドキドキしますが、あっさりすんなりゴミ処理は行われました。

 

私は職業柄、手続きや家具をばらすなどの行為に慣れているので、別に苦も無くこの流れをこなすのですが、一般の方は面倒くさいし、ご年配の方はとくに無理かもなぁと思いました。

 

しかし、この自分で持ち込むとタダという行為を自分でやって初めて、300円で大型ゴミを回収してくれる価値というのを実感できるので、今回は「初めての大型ゴミ持込」をやってみてよかったと思いました。

 

やはり、何事も自分で動いてみて、そのサービスを受けるのにお金を払っても良い、という価値判断を自分で下すのは、とっても大切なことだと思います。

 

何でも価値を決めるのは自分です。

 

【今回のダンシャリ:大型ゴミ持込】
・ベランダにあった木製ベンチ
・座りにくいと気がついた仕事デスクのイス
・でっかいFRPBOX

 

やっと、家の敷地から出たのでダンシャリ完了です(爆)!!!

 

【今日のおトク】
大型ゴミで改修してもらうと計900円かかるところ
自分でクリーンセンターに持ち込みタダ。900円のトクでした。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA