3者比較

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

最近、病院で注射をされます。1ヶ月に2回ほどされます。

 

行きつけの病院で、先月まではいつもの看護婦さんの注射。筋肉注射なのでイタイのです。でも、全然ガマンできないほどの痛みではないです。

 

今月に入って、新しい看護婦さんが一人入ってきました。

 

この看護婦さんの注射はメチャイタイ!!!!!前の看護婦さんと同じ位置に同じように打っているのに。

 

さて、ここで問題です。

 

一人目の看護婦さんが上手だったのでしょうか?二人目の看護婦さんが下手なのでしょうか?

 

(答え)
比較対象が2人なのでわかならい

 

一人目の看護婦さんがとっっても上手だったのかも???二人目の看護婦さんが標準的なのかも???

 

・・・・・・・・。

 

などと思っていたら、今日は第三の看護婦さん登場!さて、この人の注射はどうなのでしょうか?

 

(結果)
一人目の看護婦さんと同じくらいの痛みでした。

 

つまり

 

(現段階での私の答え)
二人目の看護婦さんの注射が下手。

 

しかし、一人目と三人目の看護婦さんが奇跡的に注射が上手だとか。。。などと自分では確認できない統計を気にするより。まずは事実。

 

次回の注射の時には二人目の看護婦さんにあたりませんように!!!と、必死に祈ることにしますニコニコ

 

こうやって考えると、3社相見積というお役所の原則はあながち間違ってないんですね。

 

工務店選びでも、自分で根拠が確認できる時の相見積はムダですが(これは私が工事の相場がわかるからですが)自分では全然わからないときは、3社比較するのがいいかもしれませんね。

 

などと思った、今日は注射が痛くなかった、喜ばしい午後でした。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA