コタツ布団の種類と電気代

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

うちにはコタツがあります。これもダンナさんが大学入学の時から使っているので21年モノです。

 

コタツに必ず必要なのがコタツ布団。

 

以前はフリースの3,500円くらいのモノを使っていました。(実は頂きモノでした)その時はコタツに入っている時は、普通にコタツの電源は入れっぱなしでした。

 

そのうちに「どうしてこのコタツは暖まらないのだろう?」と疑問に思い、羽布団のコタツ布団に買い換えました(8,500円くらい)

 

すると、とっても温かいのです!!電源を入れて15分もすると保温されるので、すぐに電源を切ります。

 

土肥家の場合
こたつに入っている時間は約5時間/日。
電源をつけている時間は約40分/日くらい。

 

安いフトンの時にかかっていた電気料金を計算しました。
コタツは300ワット(弱設定)・電気料金は21円/kWhです。

 

300Wh × 5時間/日 = 1.5kWh/日
1.5kWh/日 × 21円/kWh = 31.5円/日
1.5kWh/日 × 30日 = 45kWh/月
45kWh/月 × 21円/kWh = 945円/月

 

羽毛フトンに交換した後にかかる電気料金も計算しました。

 

300Wh × 0.67時間/日 = 0.201kWh/日
0.201kWh/日 × 21円/kWh = 4.2円/日
0.201kWh/日 × 30日 = 6kWh/月
6kWh/月 × 21円/kWh = 126円/月

 

月にして電気代の差額819円。

 

フトンの差額が8,500-3,500=5,000円
電気代の差額約6ヶ月でペイしますね!!だいたい一冬半くらいで元が取れる計算です。

 

フトンは少なくとも30年は使えるでしょうから、6ヶ月で羽フトンの差額をペイして、その後は節電になります。

 

そう考えると、初期投資で羽布団のコタツ布団を買っておくのはとっても賢い選択ですし、軽くて温かいしラブラブ!一石二鳥だと思いますよ!!

 

電球をLEDに変える前に、コタツ布団を変えてみてはいかがでしょうか?

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA