第三者間取りチェック(セカンドオピニオン)その後

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

先日実施した「間取りのセカンドオピニオン」のお客様から、その後のご報告をいただきました!!

 

セカンドオピニオンでまとめた内容を某大手パワービルダーの担当さんに「友達に書いてもらいました」と言って見せたそうです。

 

さすがによその建築士に相談したとは言えませんよね(笑)

 

すると担当さんは「は~、よくまとまってますね~。よく考えられてますね。こんな感じですか~。いやぁ、完敗です!!」

 

だそうです(笑)

 

契約はまだ、とのことだったので「本来はお施主様がお金を出してプランを他者に調整してもらうなんて絶対におかしいから、パワービルダーの概算に計上してあった18万円の設計料を半分にまけてもらったらいいんですよ!!」と言いますと

 

「契約するときはそれを理由に少し引いてもらうつもり!」とおっしゃっていました(笑)

 

せめて土肥に支払った金額は絶対に引いてもらって欲しい。。。

 

お客様はまた、こうもおっしゃいました。
「こちらは素人だし、向こうは一応プロやし、言いたい事は言うようにはしてるけど、どこまで言っていいか、わからなくなってくる。」

 

なので「どこまでも言えばいいんですよ!向こうは一応プロなんだから。納得する説明をしてもらわないと!大きなお金を支払うのにお客様がガマンするのはおかしいんですよ。」とお伝えしました。

 

ともあれ、順調に家づくりが進みはじめた様子で土肥もホッとしました。

 

間取りのセカンドオピニオンは、建設会社にケンカを売っているわけではなく、困っているお客様とヒアリング下手な建設会社の間の通訳をする作業です。

 

お客様の家づくりが無事に前に進みはじめる事こそ、セカンドオピニオンの喜ばしい成果なのです。

 

そして、色々なお礼です、とプレゼントいただきました!

 

o0300040011970344909.jpg

 

大好物~アップ

 

M様、本当にありがとうございます!家づくりはまだまだこれから。またわからない事が出てきたら、本当にお気軽にご相談ください。

 

普通に生きていると建築士には、一生出会わないかもしれません。

 

そして、設計事務所に家づくりを依頼する方々も、ほんの一握りでしょう。

 

アースカラー設計に設計を依頼しなくても、このような形でお客様と出会い、お手伝いできることは、建設業界に生きる者として、なにより至福の瞬間です。

 

どうぞ、上手に「間取りのセカンドオピニオン」をご利用ください。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA