今日のダンシャリ:無印良品週間

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

年に4回ある「無印良品週間」。店舗もネットストアも10%オフになるので、欲しいモノはこの時期にまとめて買ったりします。

 

この無印良品週間に無印の店舗で、衣類・布製品のリサイクルのために使わなくなった布製品を集めています。

 

詳しくは「FUKU-FUKUプロジェクト」のサイトをご確認ください。

 

集められた布製品はバイオエタノールに再生されます。

 

無印良品のこういう姿勢が大好きです。もちろんデザインも大好きですが。

 

私も今回、歳食って似合わなくなって着なくなった服をリサイクルに出します。

 

o0300040011518415711.jpg

 

こんな感じです。西友に付属してる無印の店舗では回収してないそうです。

 

服はサイズの問題もあり、かさばって送料もかかるので、オークションに出すのもはばかられるし、でも着られるモノを捨てるのも心が痛い。

 

そんなときに、きちんとリサイクルの輪ができている商品を購入するととっても気分がラクです。

 

みなさんも無印良品週間、色々な意味でご利用ください。

 

【今日のダンシャリ】
・無印良品の服3枚

 

【所要時間】
・5分

 

【ダンシャリしてよかったこと】
・リサイクルしてもらえると思うと、まだまだ着られる服を処分するのは罪悪感がない。
・歳食ってあんまり似合わない服を「もったいない」という理由から着ていたので、これを機会に歳相応の服を購入することを考えられる。1枚捨てたら1枚買えるのです。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA