ダイライト耐震壁「かべ大将」

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

先日、大建工業のダイライト耐力壁「かべ大将」の講習会に行ってきました。

 

o0400030011678768504.jpg

 

「かべ大将」というのは、耐震補強する際に使う大建工業の商品なのです。

 

この商品の良いところは「天井と床を壊さなくても耐震補強できる」ということ。

 

o0300040011678769371.jpg

 

通常の筋交や構造用合板で行なう補強だと、筋交や合板を土台・梁・胴差という軸組みにきちんと打ち付けないといけないのです。

 

そして、このかべ大将。安価な商品です。

 

たくさんの会社が補強用の構造用金物を出していますが、高かったり、会員登録しないと使えなかったりとなかなか気軽に使いにくいのです。

 

このかべ大将は
・建築士または(財)日本建築防災協会の研修を受けた者
プラス
・大建工業のこの講習会を受講した者
しか設計・施工が許されていません。

 

今回の講習で、土肥は「かべ大将」の設計施工が許されましたので、今後の耐震改修のご相談では積極的に、この「かべ大将」を使っていきたいと思います。

 

木耐協情報によりますと、全国の一戸建ての耐震改修の平均工事金額は200万円。それに対して、消費者が耐震改修に出しても良いと思っている予算は100万円。

 

その金額のギャップにより、ほとんど木造住宅の耐震化が進んでいない様子ですが、いろんな商材を使い、工夫することで大地震での家屋の倒壊による圧死の被害者が減ればいいなと建設業界に携わる者は必ず願っています。

 

どの行政でも「耐震診断」を無料、もしくは補助金付で行なっているはずですので、ご自宅が昭和56年以前に建てられた方は早めに耐震診断を受け、早めに耐震改修してくださいね!!

 

余談ですが。
大建工業のショールームがある阪急梅田ビルディング。

 

o0400030011678769373.jpg

 

やっぱりステキ・・・。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA