第三者間取りチェック(セカンドオピニオン)実施!

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

間取りのセカンドオピニオンで、西宮市からはるばるS様ご夫婦がいらっしゃいました。以前、西宮市で土肥が住んでいた家からちゃりんこ圏内というなつかし~い場所からのご来訪でした。

 

【ご相談の決定的な理由は?】
提出されているプランがあるけれど、なんかしっくりこない。プランを自分たちでは決められないのに、1週間後には間取りを決めてほしいと建設会社に言われて、あせって困ってしまったため。

 

今回のお客様S様は建築条件付の土地をご購入。その土地を先に手付けをした方のローンが降りず、キャンセル待ちから心の準備もしないうちに、土地がいきなりS様の手に入ってしまい、どんなお家が良い、とも考えがまとまらないうちに、どんどん間取りづくりが進んでしまったそうです。

 

さて、今回もヒアリングシートを記入していただきました。

 

o0400030012004800238.jpg

 

今回もあっさりしたヒアリングシートです。奥様がかなりしっかりと家づくりのイメージを持っていらっしゃいました。

 

S様いはく

「設計さんは良い人なんだけど、言った事が伝わらなくて図面に反映されない。言っても言っても反映されないんです。希望も設計さんに押し切られて切り捨てられたり。」

だそうです。

 

逆に設計のオススメを押し付けられたり(笑)(あー我が振り直せ、だなぁ・・・)

 

設計も納得する間取りを出してくれない。自分たちでも決められない。すごく困ってしまって、モヤモヤしていたそうです。

 

今回は約4時間S様のモヤモヤを解決していきました。

 

間取りのことだけではなく

 

・確認申請提出までに何を決めておかないといけないか
・この敷地の通風と窓の配置や窓の種類の選び方のコツ
・ゴミ置き場の確保や食器棚のサイズやメーカーなどの具体的な検討
・照明器具をすこしだけ紹介
・日当たりと庇(ひさし)の関係の説明
・家相を少し
・標準仕様で選ぶべきメーカーとチェックする点
・構造のこと

 

などなど、たくさんのお話しをさせていただきました。

 

やはり3時間経つと、お客様がフラフラしてきましので(笑)おやつタイムを挟みながらの延長戦。すべてのモヤモヤを解決しました。

 

ご主人様は
「実は自分が仕事が忙しくて、家内に家のことは任せきりでした。今日、初めて家内と家のことをじっくり話したんですよ。」

 

奥様は
「あー、なんか、すごくスッキリした!悩んでいた間取りも決まってよかったです。」

 

第三者のプロが一緒の方が話が進むかもしれませんね☆

 

明日、建設会社と打ち合わせだそうで、本日、間取りのチェックシートとレポートをS様に送信しました。

 

o0400030012004800237.jpg

 

間取りは隠しています☆
アカペン先生(土肥)が真っ赤に注意書きを入れています。

 

写真以外にも関係のある資料や写真を送信しています。

 

以前は写真のような手書きではなく、イラストレーターなどのソフトで、きちんときれいに仕上げて提出しようと考えていましたが、今後は手書きのチェックシートにします。

 

なぜかというと、前回のセカンドオピニオンのお客様が、土肥の手書きのチェックシートを「友達に書いてもらった」と言って見せたそうで、とてもすんなりと家づくりが進みはじめたそうです。

 

今回のお客様も土肥の手書きのシートを直接担当さんに見せて、「家づくりに詳しい友達に書いてもらった」と言えば、より伝わりやすいかな、と考えたからです。

 

間取りに悩んでモヤモヤしている方。

自分では決められない方。

担当の設計が決めてくれない方。

家づくりの色々なことも含めて知っておきたい方。

 

どうぞ上手に、間取りのセカンドオピニオンをご利用ください。「家づくりに詳しい友達(という名の一級建築士)」が、誠心誠意お答えいたします。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA