設計事務所ってなんだろう

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

設計事務所って何だか知っていますか?

 

よく言われるのは「劇的ビフォーアフターのイメージ」。そのとおりです。あんな劇的なリノベーションもよくやっています。

 

先日、大型増築をするお客様のお家で打ち合わせをしていると、お客様のいとこさんがふらりと遊びにいらっしゃいました。

 

お名刺をお渡しすると、開口一番「設計事務所って何をするところですか?」と聞かれました。

 

「工務店ではないんですよね?」

 

「はい、設計事務所です。」

 

「リフォーム会社でもなく?」

 

「はい、設計事務所です。」

 

「工事はしないんですか?」

 

「はい、設計事務所は設計のみをします。工事は工務店さんに依頼します。お客様と工務店さんの間に挟まってお客様の代理人として動くのが設計事務所です。」

 

そんなやり取りの後、お客様のいとこさんはぽつりと「・・・よくわかりません」とおっしゃいました。

 

わかんないですよね~。たぶん。みなさん設計・施工が一緒の会社しか知らないでしょうから。

 

そして、そのままいとこさんも同席しながら打ち合わせが再開されました。

 

お客様と
「ここはこうしよう。」
「キッチンはこのレイアウトにしよう。長さはこれでいいかな?」
「窓はこんな感じでこの位置に配置するのは可能ですよ。」
「雨戸と網戸は木製建具にしよう」

などと言っていると、いとこさんがびっくりしてこう言いました。

 

「どうしてそんな風に自由なプランになるんですか?だいたいどの業者からも、あれはできない、これはダメって言われるのに。何が違うんですか?」

 

ん~、良い質問です。

 

「それは、設計・施工の会社は自由にお客様のご希望を聞いていると手間がかかって大変なので「できない」と言って処理しているか、パッケージで売っているから、最初から他の選択肢を示せないのか、リフォーム会社でいえば、営業の知識がなくて 「出来ない」と言っているのか。だいたいどれかですよ。本当はたいがいのことは何でもできますよ。」

 

「そうなんだ!でも、設計事務所って敷居が高そうなイメージで・・・」

 

「よく言われますけど、現実はそんなことは全然なくて、実は設計事務所に依頼するとリフォーム会社やハウスメーカーより質高くしかも安く工事があがります。」

 

「どうして?」

 

「利益率が違うからです。施工会社はモデルルームや広告などでお金を使っているので、その分、利益率が高いからです。トータルで安くあがって一級建築士がプランする。設計事務所に依頼すると、実は質が高くて安いんです。土肥と話してみて「敷居が高い」という感じでもないですよね?」

 

「・・・ないですね(笑)」

 

「では、何かございましたら、どんどんご相談ください!」

 

このブログを読んでいる皆様も何かございましたら、どんどんご相談ください!!

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA