家づくりって何だろう。

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

建設会社のキャッチフレーズとしてよく見かけるのは

 

「夢を形に」
「わくわくの家づくり」

 

うん。もちろんその通りです。間違ってないです。その通りであって欲しいです。

 

そう思う一方、土肥はいつもお客様にいつも言ってしまうことがあります。

 

「家づくりはハッキリ言ってツライです。潤沢な予算と広すぎる敷地の両方があれば良いのですが、そうでない場合がほとんどです。お客様と一緒に悩み、苦しみ、解決の道筋をつける。それが設計事務所の役割です。」

 

そして、もう一ついつも言っていることがあります。

 

「お客様のお家の事を一番考えているのは 実は土肥です。それは間違いないです。なので、安心してください。」

 

これらの言葉の真相は

 

「あなたの家なのだから、あなたが決めるしかない。」

 

ということと

 

「どんな状況でもアースカラー設計はお客様の味方」

 

ということです。

 

本当にお客様のことを考えているからこそお客様が言うことに何でも「ハイハイ」とは答えず、問題がある時はきちんと指摘するので時には厳しく感じることもあると思います。

 

ここで「ハイハイ」と答える業者はラクをしています。結果「やっぱり3軒家を建てないと思い通りにならないね」とお施主様が思ってしまう、ということになります。

 

その場のラクさを取るか、完成度を求めて土肥と一緒に家づくりを真剣に戦うか。

 

きっと、設計事務所にご依頼するお客様は、この「真剣に戦う」ということを覚悟されている方なのだと思います。

 

それは設計監理依頼も間取りのセカンドオピニオンも、どちらも当てはまります。

 

こんな風に書くと、家づくりはツライのか、と思ってしまうかもしれませんが、真剣に戦ったお客様は、苦しみながらも最終的にはきちんと納得の家づくりにたどり着いています。

 

「わくわくの家づくり」から家づくりに突入した方でも「家づくりって、ホント大変!」に途中から変わってきます。

 

その時に寄り添ってくれるプロが居るのと居ないのでは、家の完成度もご自身の心持も大きく変わるのではないでしょうか。

 

家づくりと真剣に戦う覚悟をお持ちのお客様。アースカラー設計が右腕として豪腕を振るいますよ!!

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA