よしずの効果

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

ママで一級建築士の山本です。

 

少し暑さも落ち着いたかと思ったら次は台風・竜巻・・・。お天気もなかなか落ち着きませんね。

 

去年の夏から我が家は暑い夏を乗り切るために、東の窓と南側の掃出し窓によしずを立て掛けることにしているのですがその効果が・・・。

 

よしずは去年の夏に父ちゃんがホームセンターに行って購入。父ちゃん曰く「このサイズはこれしか売ってなかった。」とのこと。しかし、立て掛けた瞬間、「よしずってこんなにむこうが透けて見えるものだっただろうか??」と。

 

画像の説明

 

気にはなりながらもとにかく暑いのでこれでいくか!と勢い任せに。

 

やはり向こうが透けて見えるということはそれだけ隙間があるということで。よしずをしててもサンサンとお日様の光が家の中に・・・。

 

画像の説明

 

結局、カーテンを閉めて過ごすことに・・・。よしずがあればカーテンを開けて風が部屋の中に入り快適に・・・と思っていたのですが残念。

 

6尺×8尺で1本約3000円ほど。2本で6000円。そんなに安いものでもなく、壊れてもいないので捨てられず、結局今年も使用することに・・・。

 

すると今年は畑側に置いたよしずにカボチャのつるが巻き付き、伸びて勝手にグリーンカーテンに。ということで来年はよしずの前に朝顔でも植えて、初めからグリーンカーテンにすることでよしずを有効利用したいと思います・・・。(涙)

 

そしてよしずを次回購入するときには、チェックを厳しく!

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA