新築計画敷地の日当たり、本当に大丈夫ですか?

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

本日、新築ご希望のお客様と敷地を見に行ってきました。ちょうど秋分の日(昼と夜が半分の日)前日ですし、日当たりの予想が簡単です。

 

冬至(一年で一番昼間が短い日)は、ちょうど春分の日・秋分の日(昼と夜が半分の日)の影の長さの倍になります。

 

本当は冬至の朝・昼・夕に敷地の日当たりを見に行くのが確実です。そして、写真など影の動く模様を撮っておくと、間取りを考える時の助けになります。

 

夏であろうが、冬であろうがプロが(少なくとも土肥が)見ると「あっ、この敷地、真冬は日が当たらないな」とすぐわかるのですが(周りの建物の高さを見ればすぐわかります。)、一般の方は敷地を見る、ということに慣れていないので、夏至付近(6/21前後)に敷地を見て「日当たり抜群!!」と勘違いしてしまいます。

 

敷地選びの失敗、特に日当たりはリフォームなどで取り返しがつきません。

 

絶対に失敗しないように、アースカラー設計の記事を読んでお勉強してくださいね!!

 

新築の敷地について

 

「そんなこと、自分では判断つきません!」という方は

 

●間取りのセカンドオピニオン?

 

をご利用ください。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA