フローリングの色【女性のためのリフォーム】

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

ママで一級建築士の山本です。

 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします☆

 

新しい年を迎え、始業式直前に群馬へ戻り、その勢いのまま娘の新学期もはじまり・・・

 

実家から群馬へ戻り、家に入った第一歩。ムムム・・・!!と早速掃除機をブイーン!!!年末年始、仕事で1人群馬にいた父ちゃんは掃除をしなかったな!!と問い詰められ。

 

なぜそんなことがわかってしまったのかというと、我が家のフローリングの色はベージュというよりホワイトに近い色。なのでゴミや髪の毛がほんとによく目立つ。おかげですぐ掃除をかけたくなります。我が家の場合は汚す人が多いのでいたちごっこですが、ホワイトは家がきれいになるだろうな~と。床が明るいので部屋全体の雰囲気も明るく。

 

フローリング

 

床の色をダークブラウンなどの濃い色を選ぶと、部屋が引き締まってモダンな雰囲気に。ただ、床に傷がついたときに目立ってしまうことも。

 

家をリフォームする際はプラン決めで四苦八苦し、終わった~と思うとまだまだ。設備機器を決めたり、フローリングやドア等の色決めなど「決断」が続きます。(笑)

 

フローリングなどの色決めは家のイメージを左右するので、どれも「いい感じ」に思えてしまうので迷う方が多いです。

 

そんな場合にはお気に入りの家具を見つけたり、お気に入りの雑貨を見つけたりしておくと、それに合う色をコーディネートすることができるので、色決めも楽しくなってきます。

 

せっかくのリフォーム。こんな雰囲気にしたかった~と思えるように色決めを楽しんで☆

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA