適切な収納

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

ママで一級建築士の山本です。

 

あともう一息で歩きだしそうな我が家の末っ子。色々なものに手が届くようになり・・。今日は洗面所の洗剤をひっくり返し・・。どうしてそれを選んだのか(涙)

 

我が家は賃貸ですがリフォームされてから入居。リフォーム工事前にはクローゼットに枕棚もない状態だったので、棚はつくのかと不動産会社の方に何度か確認したら、入居してみるといたるところに棚が。

 

ありがたいことなんですが問題が。収納が多すぎて使いこなせず。

 

画像の説明

 

洗面所は洗面台の上に棚が作ってあるのですが、手がギリギリ届く高さ。洗剤を置けないこともないけれど一歩間違えれば上から洗剤が降ってきそう(涙)

 

結局何を置くわけでもなく。もう少し低ければ洗剤置き場にちょうどいいのに・・・。

 

収納、収納と思いがちですがやはり何を収納するための場所か想像してから計画してほうがお掃除の場所が少なくてすみますよ☆

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA