消費者&工務店あるある

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

先日、お会いした方の「消費者&工務店あるある」のお話です。

 

洗面・風呂の工事お願いしたいと思い、知人からご紹介いただいた工務店さんに見積もりしてもらったそうです。

 

某メーカーのカタログを渡され、あまり詳しい説明もなく。今あるお風呂の窓は無くなるの?それもわかりません。

 

洗面所はオシャレにしたくて、その旨訴えたけれど。「そんな風にしたら高くつきますよ」と言われ、工務店さんの圧力がすごくて某メーカーの商品以外は言い出せないような状況で。。

 

このまま、希望は叶えらえれず工事は進むのか、本当に洗面所はオシャレにすると高くつくのか???????

 

と困っていらっしゃいました。

 

300件以上の現場経験を持つ主婦一級建築士の答えは「メーカーは色々あるし、どんな洗面化粧台を工務店から提案されて、具体的にどんな洗面をご希望かはわかりませんが、そんなにびっくりするほど高くはつきません」です。

 

オシャレな洗面

 

例えばこちら。よくあるメーカーの中グレードの洗面化粧台とさほど工事費は変わらないです。

 

工務店がこんなオシャレな提案ができない、商品をポンと置く方が簡単なので、消費者の希望を煙に巻いているだけだと思ってください。そして、消費者は提案が欲しいのに「提案力の無い工務店に自分の希望を叶えてもらおう」としています。それはお互い不幸です。

 

そして、そんな「消費者&工務店あるある」にはまった消費者への主婦一級建築士からの問いは「お客様のご希望をきちんと聞いてくれないような業者になぜ依頼する気なのですか?」ということです。

 

「知人の紹介だから」という理由であれば、他社を相見積もりしてみるのも良いですよね。もしくはその紹介してくれた知人に「こんな風に言われたんだけど、少し困ってるんだ」と正直に話すと良いです。知人はよかれと思って工務店を紹介したのに、まさか困っているとは夢にも思ってないですから。

 

皆さん、家づくりは「工事が進んで失敗に気が付いた時には手遅れ」ですよ!!家づくりのパートナー。よーーーーーく考えて依頼してくださいね。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA