設計という名の戦友

【レトロ・間取り相談・家相診断・バリアフリー住宅・関西・福岡の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

先日、20年前に1階・10年前に2階と、2回リフォームさせていただいたお客様とお会いしてきました。お客様のお家が計画道路にひっかかってしまい、仕方なく新しいお家に住み替えるので、今のお家の持って行ける造作物を持って行きたい、ということと、引っ越し先での納戸での家具のレイアウトが難しいので一緒に考えて欲しい、という内容でした。

 

20年間そのお客様とはちょくちょくお会いさせていただいているのですが、さすがにお付き合いが20年も続くと家族みたいになってきます。一緒にお食事をしたり、お客様が開催されるホームコンサートで自分もトランペットを披露したり、という感じです。

 

アースカラー設計のお施主様は皆様すばらしい方々ばかりで、お家のお引き渡しが終わっても、引き続きお付き合いが長~く続く方々がほとんどです。

 

家づくり、というのは「夢を形に」とはいう美しい言葉がある反面、専門的すぎてよくわからない建築に不安を抱きながら打ち合わせを行い、間取りを決めるために家族と向き合い、予算と戦い、理想と現実のギャップに苦しみ、というような、ツライ作業がたくさんあるのも、また事実です。そんな中、施工側と癒着のない設計事務所というのは、お客様にとっては「純粋に自分の味方になってくれる建築のプロ」だと思います。

 

どうして、自分がお客様と20年という長い年月、共に仲良くしていただけるのかな、と思ったところ、やはり「家づくりの苦しみを共に分かち合い、一緒に悩み、知恵を絞り、お家を共に作り上げた戦友だから」だと思います。

 

戦友

 

家を作る、という行為は一生に一度かもしれませんが、もし、ご自身が家を建てる、リフォームをする、という時は、ぜひ、共に家づくりの苦労に立ち向かい、共に家づくりを楽しめる、戦友として一生お付き合いできる、そんな家づくりのパートナーと出会って欲しいなと、切に願っております。

 

 

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA