家づくりの予算とライフプラン

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です!

 

私がお客様に読むようにオススメしている家づくりの情報サイトがあります。

 

3D建築ソフトを出しているメガソフトのサイト
家づくり情報WEBマガジン「イエマガ」です。

 

建材メーカーのサイトだと、自分達の都合の良いように書きがちなのですが、このサイトはパソコンのソフト会社なのでそういう感じがなく、あくまで消費者のアンケートに従って内容を進めている所に、非常に好感が持てます。

 

今回のご紹介は

「家づくりと保険の知りたいところ」という連載の 第6回「新築から1年、初めてわかったこと」です。

 

家づくりはお金がかかります。

 

家本体を作り上げるのに、お金が足りない、どうしよう、となるのに、保険やローンに関しての節約というのは考えが及ばない消費者がほとんどです。

 

私は設計者として、やはり保険やローンもきちんと理解して選んで、本当に納得いく家づくりをしていただきたいと思っています。

 

そのためにも、今回ご紹介したイエマガの記事は読んでおいてください。

 

アースカラー設計で新築を設計依頼の方は、もれなくファイナンシャルプランナー(以下FPと記述)によるライフプランニングがついてきます。(リフォームの方でライフプランニングご希望の方は有料になります)

 

↓こんな人生のイベントとお金の相関グラフ、見たことありませんか?

 

o0320024011013700736.jpg

 

ライフプランというのは、あなたの人生におけるイベントと、いつお金がどのくらいかかるか、という情報をトータルで考えることです。

 

ローンを組むというのは「生活に支障なく返しきることができる」というのが大前提です。

 

具体的に表と数値にすることで「どうにかなるだろう」と思っていた家づくりの予算が、実はとってもヤバい感じだったと気がついたりします(笑)。

 

本当は、ライフプランにより、家づくりにかける予算が決まるのです。

 

FPは、銀行や不動産屋とは違い、中立的・専門的な立場であなたにとってベストな選択ができるようアドバイスを行ってくれます。

 

お金の事を中立的なプロに相談するというのは

 

例え相談料が有料であっても、本当に「おつりが来る」くらい、有意義な相談となります。

 

つまり、それくらい私達はお金について無知なのです。

 

私のお客様でも、「どうにかなるだろう」という感覚だけで、ローンを破産するくらいまで組んでしまおうとしていた方がいましたが、どう話を聞いてもおかしかったので半強制でFPさんに相談していただき、普通に暮らせる程度まで組みなおし
、かといって、家のグレードをそれほど下げることも無く済んだ方が居ました。(破産はしないけど貯蓄もできないよ、という結果でした)

 

その方いはく

 

「知らないという事は本当に恐ろしい。助かりました。」

 

だそうです。

 

ちなみに「お客様の予算の話がおかしい」と感じるポイントは

 

「家づくりの予算がどんどん上がっていく」

「予算の根拠を聞いても適当なことばかり言って答えない」

 

の2点です。

 

そうれはどういうことかというと。

 

本来は家を手に入れて豊かになるはずの人生を、かなりの確率で自ら手放していることになります。

 

いや、親の遺産が結構あったりとか、宝くじが当ったりするかもしれないけど、可能性は可能性ですからね。

 

お金は大事です。人生を左右するほど大事です。

 

家を建てようと思ったら、お金のことについてはよくよく考えて、出来る限り信頼できるプロに頼んで身の丈にあった家づくりを心がけてくださいね。

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA