家を買おうと思ったらまず読む本

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です!

 

家を買おうと思ったら、まずは大切なのは間取りでもなく、構造でもなく。まずは予算を確定することです。

 

家を建てる、家をリフォームするということは、まずは大きなお金が動くという事です。

 

新築にしろリフォームにしろ、ご相談を受ける時も、家のプランニングの前に、まずは予算を確定することから始めます。

 

アースカラー設計では事前に、FPさんを紹介して税金・贈与・ローン・保険などトータルで話し合ってもらいますが

 

「まだ家をいじることに関して家族の全会一致を得てないし、まだ不確定な段階から自分の懐事情を話すのは気が引ける」

 

という方が多いのも事実ですし、すごく気持ちもわかります。

 

FPさんに怒られるかも叫びとか思っちゃいますよね。

 

ですので、新築や中古物件購入でリフォームするなど、ローンを組みたい、と思っている方にはまずこの本を読んでいただいています。

o0300030011013904324.jpg

改訂版「住宅ローン」賢い人はこう借りる!

 

この本は、読みながら自分で考えて「きちんと生活を保ちながら返しきるローンのプラン」の金額をはじき出すことが出来ます。

 

一般的に気に入った物件を見つけて、または新築プランを立てた後に、その物件が手に入る金額のローンを組む、ということをしますが、本当は「予算あっての物件選び」のはずです。

 

不動産屋や住宅メーカーは家が売れさえすればいいので、消費者が生活を圧迫せずに返しきるプランでローンを組むことなど考えてくれていません。

 

ですので、FPさんに相談しないのならば、まずは自分できちんと勉強してくださいねチョキ

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA