「風通し」と「日当たり」と「断熱」の共通点

【レトロ・アンティーク・間取り相談・二世帯住宅・豊中・北摂・大阪・関西の女性建築家(設計士)】

 

主婦で一級建築士の土肥です。

 

私はかなりおせっかいな方だと思っています。実際、建築士なんて職業はおせっかいなモンだと思っていますべーっだ!

 

人様の生活に口出しするわけですからキラキラ

 

店舗の設計の相談で事業計画がアヤシそうなお客様には、その辺からツッコミを入れていきます。コンセプトが不明確なお客様には、客層や事業イメージから聞いていきます。

 

それをありがたいと思う方もいらっしゃれば、「そんな事どーでもいい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

「そんな事どーでもいい」というお客様とはご縁もなく、だいたい設計依頼に至りません。私はうるさいだけの存在でしょうから。

 

お家だったら、押入れの中まで見て、収納や片付けのアドバイスもします。

 

私は建築士なのですが、家を作らなくても、リフォームしなくても、モノの管理の仕方・モノの量のコントロール・インテリアの配置である程度以上は快適に家は住めると思っています。

 

あとは、お住まいになっているご家族が

 

家が整うことによって、生活が楽しくなって、暮らしの幸せ度がUPしていくラブラブ

 

それが本当の暮らしの豊かさではないだろうかと。

 

ああ。建築士が「工事しなくても・・・」と言っていては、商売あがったりですね。でも、それが真実だと私は思っています。

 

私は建築士として「家を住みこなすお手伝い」を地道にして、住環境の底上げをしていきたいと思っています。

 

みなさん、自分のお家をきちんと住みこなしてますか??

 

服は「着こなす」、家は「住みこなす」んですよ!!

 

しかし、やはり、日々の努力だけでは解決できない問題はあります。
それは 「風通し」 と 「日当たり」

 

こればかりは、その家の持っている本分のようなもので、後天的な努力ではどうにもならないのです。(大きなお金をかければなんとかなる場合もあります)

 

圧倒的に使いにくそうな間取りというのも世の中たくさんありますが、それでも、努力すればどうにかなる場合も多いのですが゙、「風通し」と「日あたり」ばかりはなかなかどうにもならないのです。

 

なので、これから家を建てる方は「風通し」と「日当たり」は十分気をつけて。

 

あと強いて言うなら、「断熱」に気をつけてください。暑くて寒い家はイヤですし、体にも悪い。これも「後からリフォームで断熱をどうにかする」というのは
とっても大変。

 

今後、大きなお金をかけずに快適に暮らせる家を作ってくださいね。

 

「風通し」「日当たり」「断熱」それさえ守れば、あとは努力次第でなんとか快適な家になります。

 

リフォームなんかしなくても、自分の力で住空間を快適にできる!という自信アップは、暮らしの中で、とっても大切なのではないかと考えています。

 

設計やリフォームまでいかなくても、何か住まいのお困りごとや悩み事、「プロに聞いてみたい」という事がありましたら、このブログのコメントでも構いませんのでお気軽にご相談下さい。

 

大津のおせっかいな主婦建築士が、家の住みこなし方、お教えしますよニコニコ

アースカラー設計のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

お問合せ・無料相談はこちらから

主婦一級建築士の仕事と生態がわかります。
(facebook版はこちらを「いいね!」)
(Twitter版はこちらを「フォロー」)
(Instagram版はこちらを「フォロー」

ブログランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA